› 福岡、天神のブライダルジュエリー便り › 赤坂ドリームスカフェについて

  

Posted by at

2011年09月18日

赤坂ドリームスカフェ リスタート!



先週金曜日、
【夢の実現を加速するコミュニティー】
<赤坂ドリームスカフェ>を開催しました!

今回は、原点に戻り、
「人と人、そして人と夢」をテーマに
シンプルなワークを中心の進行。

皆様ご存知でしょうか?

夢を実現した人々の統計をとると、
唯一の共通点は・・・・
「夢を書き出して、何度もよむ」
これだったそうです。

そして、ある調査では
夢を書き出している人は、
たった3%だけ。
とのことです。

同じ経営者として注目していたのが、
大名のドレスショップオーナー
ステラ/山本社長の夢

正直表情が重く、
もしかして白紙!?と心配していた
社長がおもむろに口をひらいて
おっしゃった夢。

それは経営者としての私にも
衝撃的な<夢>でした。

「社長・経営者としての夢、それは
従業員の待遇をもっと良くしたい。ただその一点です。」

「社長として24時間考え続けているのは、ただそのことだけ」

言葉に詰まる経営者さま、私も含め多いのでは
ないでしょうか・・。

続いて述べられた具体的な夢、その中身は・・・

「社員が、食事時間を惜しんで、すぐに仕事にもどっている・・・
きちんと一時間休めるようにしたい」

「事務のスペースが狭い。もっと居心地良くして、
出来たら疲れた時に仮眠できるぐらいの設備にしてあげたい」

「三年以上勤続のスタッフには、確実に年収500万以上を
渡したい・・・」

せつせつと口からこぼれるのは、
社員さまへの想いだけ・・・

よどみなく語られるのは、普段から想っていることだから
と同じ経営者として良くわかりました・・・。

普段お話するときは出ない、
経営者としての深い思い。

たくさんの夢が語られ、
私も夢を語りました。

社長の言葉に、ひときわ心動かされたのは、
他者への貢献の思いがストレートに
身近な社員様に向けられていたからです。

身近な人への感謝、貢献、
その先にあるのが、社会での夢の実現・・・。

最後に結ばれた社長の今後の夢をご紹介します。

「事情でご両親の保護を受けてない子供たちに、
小さいうちから、ドレスづくりなど職業の教育をして
どこでも食べてゆける力をつける施設をつくりたい」

「アニメの殿堂をつくり、各国に日本の文化を
アニメを突破口に紹介し、日本をあこがれられる
国にする。
そして苦手な英語のかわりに、マニアの力で
日本語が世界で通用する時代を実現する」

「・・・・」

さすが・・・
最後にきっちり落ちがつくところ・・・学びました。

一応、前半の想いは本気ですよね・・社長・・。






  


Posted by ジュエルマスター at 12:28Comments(0)赤坂ドリームスカフェについて